たんぱく質重要なのはわかったけど何から摂ればいい?

皆さんこんにちは!
沖縄県那覇市にあるパーソナルトレーニングジムHealth+(ヘルスプラス)です。

前回お話ししたたんぱく質が実は健康にも美容にも良い?って話の続編です。
↑クリックすると見れるよ

今回のテーマは、たんぱく質は重要だけど実際何から食べたら良いの?
って疑問に答えていきます!

目次

結論、魚

早速結論です!

そう!魚です!

魚がたんぱく質源として一番優秀だと個人的に思っています!

その理由も一緒に説明していきますね。

魚が良い理由

ここでは魚が良い理由を上げていきます!

1つ目:質の良い油が含まれている
魚の油はオメガ3と言って油の中ではかなり優秀な油です。
このオメガ3は脂肪燃焼効果もあり、抗炎症作用といって体の炎症を抑える働きもあります。

2つ目:赤身肉ではない
実は赤身肉というのは「発がん性」がることがわかっています。
一方、魚はマグロなどは赤身ですが牛や豚との赤身とは別物なので安全です。

3つ目:油の性質
1つ目の脂とはまた観点が違い、体温でみる脂です。
ちょっと難しいですよね。分かりやすく説明します。

牛や豚の体温って40度くらいなんです。
人間の体温は大体36度くらいですよね。

牛や豚などの動物に含まれる脂って飽和脂肪酸と言って温度が低くなればなるほど固まります。
(植物性の油は不飽和脂肪酸と言ってどのタイミングでも液状です)

このことから言えることは、牛や豚の脂が人間の体内に入ると少し固まるの分かりますか?

これが動脈硬化などの始まりです。

鶏は大体38度くらいなのでそこまで大きな差はないです。

一方、魚はというと大体18度くらいなんです。笑
もう何が言いたいか分かりますね?

魚の油が体内に入ると余計にサラサラになります。

このことから牛や豚などのたんぱく質よりは魚の方が良いのです!

また、牛や豚は赤身肉なので発がん性があります。

たんぱく源のおすすめ

先ほどまでは魚がいいとお話ししてきました。

ここからは総合的に判断した、おすすめのたんぱく質を紹介します。

1.魚
2.鶏肉
3.大豆製品
4.卵
5.赤身肉
6.乳製品

これの順です。

大豆製品は優秀な植物性のたんぱく質でその中でも、納豆や味噌などの発酵食品が望ましいです。
注意点は「遺伝子組み換えではない」ものを選ぶことです。

卵はアレルギーさえなければガンガン食べた方が良いたんぱく質です。
アレルギーの関係性さえなければ上位に入ります。

赤身肉と乳製品についてはまた詳しく別記事で書いていきますね。

まとめ

いかがでしたか?

たんぱく質はなんでも良いわけではなくきちんとしたものから摂取することが望ましいです。

美容や健康にもたんぱく質は絶対に必須なので積極的に食べていきましょう!

一度、パーソナルジムHealth +で体験をしてみませんか?

当ジムに来て欲しいかたはこんな方です。

  • 上半身に比べ下半身が太い方
  • リバウンドした経験がある方
  • 美脚美尻になりたい方
  • 自分で維持できるようになりたい方
  • パーソナル通ったけど変わらなかった方

なぜ太るのか、なぜリバウンドするのか、なぜ維持出来ないのか、すべて原因があります。

その原因を当ジムで理解し、自分で身体をつくり維持し、自分史上最高の身体に導くサポートを致します。

『“自分の身体を好きになり憧れられる自分へ”』

パーソナルジムHealth +(ヘルスプラス)の体験のご予約は公式LINEから。

下半身の改善方法、日常生活で使える栄養に関する情報がタダで得ることができますので 登録だけでも便利です。


もっと詳しく知りたいという方はHPをご覧ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次