たんぱく質って実は美容にも健康に良いって知ってた?

皆さんこんにちは!
沖縄県那覇市にあるパーソナルトレーニングジムHealth+(ヘルスプラス)です。

本日はタイトルの通り「たんぱく質」が美容にも健康にも実はとても良いという話をしていきます。

じゃあ、そのたんぱく質は何から食べたほうが良いの?って疑問についても一緒にお話しします。

よく、プロテインを飲みましょう!って聞くと思います。

プロテインは筋肉を作るから飲みましょうとばかり聞きませんか?

一般の人からするとそもそもプロテインってなに?
プロテインって飲んだら筋肉ついて太くなるよね?

みたいな疑問も生まれます。
なのでその辺も併せてクリアにしていきます!

目次

たんぱく質とは

たんぱく質とプロテインは同じ意味です。

それぞれを日本語・英語に訳するとこの言葉になります。

プロテインはギリシャ語が語源になっていて「プロテイオス(最も大切なもの)」となっています。

そうなんです。たんぱく質って大昔から身体にとって健康にとって本当に大事なものなんです。

なのでまずは、筋肉がついて太くなると思う前に必ず必要だから摂取はすべきです。

そして一つ目の疑問でもある「筋肉がついて太る」なんですけど結論からうと

「な訳ありません!!!」です笑

筋肉というのは筋トレをして筋肉を壊してそこにたんぱく質という栄養を入れることで
壊した状態より強く太くしていくものなので筋トレをあまりしない女性にとっては全然問題ありません。

逆に摂らないと筋肉は減り続けてガリガリになる可能性が高くなります。

さらに女性は普段からたんぱく質を摂取する機会が少ないので少し多めにとって初めて

1日に必要量を取れるくらいです。

では1日に必要な量はどれくらいかというと体重×1gくらいです。

詳しく説明すると体重が50kgの人であれば50gくらい食べましょうってことです。

食べ物で例えると、
お肉(牛、豚、鳥)で100gあたり20g
魚だと100gあたり17~18gくらい
卵だと1個あたり6gくらい
大豆製品だと納豆1パックあたり6~7gくらいです。

お肉だと1日に300g食べることで十分に賄えます。

つまりこれだけで必要最低限のたんぱく質は補えるってことです。

たんぱく質が健康にもかなり大事なことがここでわかるかと思います。

たんぱく質と美容

続いてたんぱく質がどう美容に関係してくるのかというと

たんぱく質の主な働きが身体を作る材料となることです。

たんぱく質を摂取することで内蔵や筋肉を作ったり、髪の毛や皮膚、爪などの人間が生きる上で必要な

パーツ部分をたんぱく質がメインになって構成されています。

なので、たんぱく質が不足するとこれらがうまく作れずに、髪の毛は白髪になったり

爪や肌はボロボロになっていきます。

このことでたんぱく質が美容にもかなり重要ということが言えます。

おすすめのたんぱく質と薦めないたんぱく質

ここでは具体的にたんぱく質を何から摂取した方が良いのかをお伝えします。

おすすめのたんぱく質

1位:魚介類
これはいうまでもなくです。
注意点としてはマグロやカツオなどの大型の魚類は※食物連鎖上、上位に来るので食べ過ぎには注意で
さんまやイワシなどの小さい魚を摂取することをお勧めします。

※食物連鎖
例:プランクトン←シラス←イワシ←サバ←マグロ
のように大きい魚が自分より小さい魚を食べていくことです。
海は水銀に汚染されているのでマグロなどは間接的に小魚までを食べていることになるので必然的に
水銀量はシラスなどの小魚よりも多いことになる。

2位:鶏肉
脂身が少なくヘルシーな為。
コンビニに売っているサラダチキンではなく自分で買って調理することを勧めます。
加工されている鶏肉は添加物の量がかなり多い為。

3位:大豆製品
納豆や味噌などの発酵されたものを摂取するのが望ましい。
大豆は遺伝子組み換えが非常に多い食品になるのでそれではなくしっかりと自然に生産されているものに限る。

おすすめしないたんぱく質

4位:卵
ビタミンC以外の栄養素が全て含まれていると言われるほどの完全食。
しかし、アレルギー反応が出やすい人もいるなかなかなか出ないもしくは何十年後などかなり
遅れて出てくる人もいる為、完全にアレルギーがない人は魚よりもむしろ食べた方がいい。
少しでもアレルギー反応が検査で出たけど身体に異常がない人もいるのでそういう人はなるべく控えたほうが安全。

5位:乳製品
これらは骨密度を悪くしたり、発がん性があるのであまりおすすめはしない。
カルシウムが豊富すぎて体内でカルシウムの調整が入り骨を溶かしてしまう。
発がん性はカゼインというたんぱく質が影響しているとされている。

6位:赤身肉
牛や豚、などの獣類の赤身肉には発がん性があると世界的ながんの研究所でも発表されている。
なので嗜好品という扱いでたまに食べる分にはいいがおかずとして毎日取り入れるべきではない。

まとめ

いかがでしたか?

たんぱく質の基本やなぜ、美容や健康に良いのかを説明してきました!

私たちの食事からたんぱく質は切っても切り離せないものなのでこれからはしっかりと摂取し

今よりも健康で綺麗に生活していきましょう!

一度、パーソナルジムHealth +で体験をしてみませんか?

当ジムに来て欲しいかたはこんな方です。

  • 上半身に比べ下半身が太い方
  • リバウンドした経験がある方
  • 美脚美尻になりたい方
  • 自分で維持できるようになりたい方
  • パーソナル通ったけど変わらなかった方

なぜ太るのか、なぜリバウンドするのか、なぜ維持出来ないのか、すべて原因があります。

その原因を当ジムで理解し、自分で身体をつくり維持し、自分史上最高の身体に導くサポートを致します。

『“自分の身体を好きになり憧れられる自分へ”』

パーソナルジムHealth +(ヘルスプラス)の体験のご予約は公式LINEから。

下半身の改善方法、日常生活で使える栄養に関する情報がタダで得ることができますので 登録だけでも便利です。


もっと詳しく知りたいという方はHPをご覧ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次