血糖値の仕組みを知れたら痩せる可能性は上がる

皆さんこんにちは!
沖縄県那覇市にあるパーソナルトレーニングジムHealth+(ヘルスプラス)です。

本日は痩せたいけど食欲がなかなかおさまらないって方について血糖値のテーマでお話ししていきます。


「血糖値」が高くなりすぎると太る、高くならなければ太りにくい。」とも言う、「血糖値」という言葉。

痩せたいあなたには必ず知っておいてほしいと思っています。

なぜなら、血糖値が高くなりすぎると太るのは確かで、高くなればなるほど体脂肪の蓄積が多くなってしまうからです。

目次

血糖値とは

血糖値にかかわる栄養はただ1つ、「糖質」だけです。

さらに「糖質」の中でも「ブドウ糖」のみが血糖値に関わってきます。

ブドウ糖は、体内で血液中に入り全身をめぐっていきます。
血液中にある糖ということで、「血糖」という名前がつき、その「糖」が血液中にどれぐらい多いか表す数値のことを
「血糖値」と言います。そのため、血液中にある糖の量が多く入っているほど「血糖値が高い」と表現します。

逆に、血液中にある糖の量が少ないほど「血糖値が低い」と表現します。

血糖値が及ぼす影響

血液中の糖の量が多い状態である「血糖値が高い」と、体は血糖値を低くしようと
「インスリン」というホルモンを出して、血糖値を低くしていきます。


その時に、筋肉やその他の細胞、そして脂肪に「糖」を入れることにより血液中の
「糖」の量を少なくして血糖値を低くします。

この筋肉やその他の細胞、脂肪に「糖」を入れる作業がとても重要で、
これがあるため全身に栄養を送りこむことが出来て正常に生活することができるのです。

逆に血糖値が低くなると全身に栄養が送り込めない状態になるため、
今度は「血糖値を高くしよう」とする体の仕組みが働き、常に全身に栄養を送るようにできています。

これが、血糖値が高かったり低かったりするときの働く体の仕組みです。

ダイエットとの関係性

先ほどの「血糖値が高い」状態のときに、筋肉やその他の細胞、そして脂肪に「糖」を入れるということを書きました。

筋肉やその他の細胞に入れても余ってしまった分は外に排泄されるわけではなく、
「脂肪」に蓄積されてしまいます。

ここが大事なポイントです。
余計にとりすぎるから太ってしまうんです。

血糖値を上げすぎないために

血糖値は高くなればなるほど体脂肪の蓄積が増えるので、なるべく高くしないようにしたいです。

そのための食事のポイントは、以下の2つです。

1.高GI値と呼ばれるものを食べすぎないこと。
これらは、白米や麺、小麦などの俗に言う「3大白物」と呼ばれるものです。
これらはほぼほぼ糖質の塊なので血糖値をかなり上げてしまいます。

おすすめは低GI食品です。
具体的には、玄米や、全粒粉パンなどの茶色い食品です。

2.食物繊維を摂ること
食物繊維は、糖質の吸収をゆるやかにしてくれるため、ゆっくりと血液中に糖質を送っていくことができます。
そのため、全身に「糖」を送って「血糖値を低くする」作業と、ゆっくりと血液中に「糖」を入れる「血糖値を高くする」作業を同時に行うため、「血糖値が高くなりすぎる」ことを防ぐことができ、体脂肪の蓄積を抑えることができます。

まとめ

血液中にある「糖」の量が多いと「血糖値が高い」、少ないと「血糖値が低い」となります。
「血糖値が高い」状態だと、脂肪に入る「糖」の量も多くなり、体脂肪が多く蓄積されてしまいます。

これらを防ぐために、食物繊維と高GI値の食品を避けることを意識することが大事です。

次回は、「血糖値」そのものの仕組みをもう少し細かくお話ししていきます。

一度、パーソナルジムHealth +で体験をしてみませんか?

当ジムに来て欲しいかたはこんな方です。

  • 上半身に比べ下半身が太い方
  • リバウンドした経験がある方
  • 美脚美尻になりたい方
  • 自分で維持できるようになりたい方
  • パーソナル通ったけど変わらなかった方

なぜ太るのか、なぜリバウンドするのか、なぜ維持出来ないのか、すべて原因があります。

その原因を当ジムで理解し、自分で身体をつくり維持し、自分史上最高の身体に導くサポートを致します。

『“自分の身体を好きになり憧れられる自分へ”』

パーソナルジムHealth +(ヘルスプラス)の体験のご予約は公式LINEから。

下半身の改善方法、日常生活で使える栄養に関する情報がタダで得ることができますので 登録だけでも便利です。


もっと詳しく知りたいという方はHPをご覧ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次