ダイエットにカロリー制限は必要?

皆さんこんにちは!
沖縄県那覇市にあるパーソナルトレーニングジムHealth+(ヘルスプラス)です。

本日はタイトルの通りダイエットの際にカロリー制限は必要ない!
というテーマでお話ししていきます。

これを聞くと、「カロリー制限しないとやせないでしょう?」と思う方がほとんどだと思います。

もちろん、カロリー制限が必要ないからと言ってなんでもかんでも食べるともちろん太ります。

許容範囲内で抑えないといけない部分はもちろんあります。

ここで言いたいのはカロリーだけにとらわれないで欲しいという意味も込めてカロリー制限は必要ないと
いうことをお話ししていきます。

目次

カロリーとは?

まず、そもそもカロリーとはなんなのかというと

カロリー=kcal
意味:熱量(エネルギー)

このカロリーというものは元々は機関車を動かすための石炭を燃やした際に使われていた単位です。

そこから色々と派生して何故か栄養学にも使われるようになり

食品を燃やした際に発生したエネルギーにも使われるようになりました。

カロリーがあまり意味ないと思う理由

ここは僕の個人的な考察も含まれます。

カロリーが先ほどは石炭を燃やす単位から栄養学まで派生したと話しました。

これを食品に置き換えたのが、炭水化物、たんぱく質、脂質です。

炭水化物:1gあたり4kcal
たんぱく質:1gあたり4kcal
脂質:1gあたり9kcal

ですね。

これがカロリーメーターという機械で燃やした際に発生したエネルギーです。

このエネルギーが人間の体内でも起こっているとされているんです。

ここで僕は矛盾が生まれます。果たしてこれは正しいのか?

人間全く同じ人はいません。
性別、体格、体調など個人個人違いますよね?

なので仮にカロリーが存在したとしても個人個人違うので同じ反応になるわけがありません。

その日の体調によっては同じカロリー摂ったとしても反応率は絶対に変わるはずです。

よってカロリーに縛られる必要はありません。

これが僕が思うカロリー制限は必要ないという部分の本質でもありあます。

カロリーじゃなければどこに気をつければ良いいのか?

では、どこに気をつければ良いのかというとカロリーの中でもカロリー密度に気をつければ問題ありません。

カロリー密度とは食べ物の体積あたりのカロリーのことです。

例えば、100kcal摂取しようとすると
油だと、10gくらい摂取すると100kcalに到達します。⇨カロリー密度高い
葉野菜とかだと400gくらい食べないと100kcalには到達しません。⇨カロリー密度低い

この例えでいくとデザートでも、クッキーとフルーツでも差がかなりありそうなイメージしますよね?

これがカロリー密度です。

こういうふうにカロリー密度の低いものを食べていくと、同じカロリー摂取でも

明らかに食べる量はカロリー密度の低いものが食べる量も増えます。

「満腹」になるまで食べるとすると、
肉=3500kcal
果物=1000kcal

2500kcalの差があります。

結論、痩せる、太るという観点だけで見ると果物や野菜で太ることは不可能なんです。

普段の食事にカロリー密度の低いものをたくさん混ぜておけば、満腹になるまで食べてもカロリーオーバーの
可能性も低くなるんです。

まとめ

まとめると、カロリーは個人的に万人に当てはまるものではない。と思っています。

もし、カロリーベースで考えるならカロリー密度の低いものを食べることで満腹まで食べても太らない。

よってカロリー制限をそこまで気にする必要もなくダイエットすることができる。といことです。

一度、パーソナルジムHealth +で体験をしてみませんか?

当ジムに来て欲しいかたはこんな方です。

  • 上半身に比べ下半身が太い方
  • リバウンドした経験がある方
  • 美脚美尻になりたい方
  • 自分で維持できるようになりたい方
  • パーソナル通ったけど変わらなかった方

なぜ太るのか、なぜリバウンドするのか、なぜ維持出来ないのか、すべて原因があります。

その原因を当ジムで理解し、自分で身体をつくり維持し、自分史上最高の身体に導くサポートを致します。

『“自分の身体を好きになり憧れられる自分へ”』

パーソナルジムHealth +(ヘルスプラス)の体験のご予約は公式LINEから。

下半身の改善方法、日常生活で使える栄養に関する情報がタダで得ることができますので 登録だけでも便利です。


もっと詳しく知りたいという方はHPをご覧ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次