ふくらはぎの張り(太さ)を解消するには足首の柔軟性が大事

皆さんこんにちは!
沖縄県那覇市にあるパーソナルトレーニングジムHealth+(ヘルスプラス)です。

今回はふくらはぎの太さや張りを解消するための足首の柔軟性を出す
おすすめのエクササイズをご紹介していきます!

エクササイズは動画ベースでお伝えしていきます!

ふくらはぎが太くなってしまう理由はは動画の後に文章でお伝えしていくので最後までご覧ください!

目次

ふくらはぎの太さを取る為のエクササイズ

詳しい解説

ふくらはぎが太かったり、張っていたりする方の多くは足首の柔軟性が低い傾向にあります。

足首の柔軟性があるかどうかのテストで、「その場でしゃがむ」という動作で簡単に確認もできます。

【やり方】
足を閉じて揃える→そのまましゃがむ
たったこれだけです。

しかし、足首の柔軟性が低い方はこれでしゃがむことができずに転びそうになります。

これに該当した方はふくらはぎが張りやすい傾向にあるので改善が必要です。

今のはできたという方は次のやつでも確認することができます。

これができない場合も足首の柔軟性が欠けていてふくらはぎが太くなったり張りやすいです。

足首の柔軟性が悪くなる理由

足首の柔軟性が悪くなりそこから、ふくらはぎの太さや張りにつながるのには理由があります。

この画像のようにふくらはぎの筋肉(腓腹筋、ヒラメ筋)はアキレス腱と繋がりかかとの骨に付着しています。

そしてアキレス腱の奥には「Kager’s Fat Pad」という脂肪組織があります。

これが足首の柔軟性を阻害している原因の一つです。

足首は普段はしっかりと動かないといけない関節です。
しかし、動きに制限がかかると浮腫みやすくなるし、脂肪も溜まりやすくなります。

なのでどんどんをふくらはぎが太くなったり張っていったりするのです。

ですのでアキレス腱周りをほぐしてこれらを取り除く作業が必要になります。

冒頭で紹介したエクササイズはアキレスを摘みながら行うので最適です。

まとめ

今回、ご紹介したエクササイズはあくまでも一例です。

状態によっては別のアプローチも可能ですので一つの参考例として見てください!

一度、パーソナルジムHealth +で体験をしてみませんか?

当ジムに来て欲しいかたはこんな方です。

  • 上半身に比べ下半身が太い方
  • リバウンドした経験がある方
  • 美脚美尻になりたい方
  • 自分で維持できるようになりたい方
  • パーソナル通ったけど変わらなかった方

なぜ太るのか、なぜリバウンドするのか、なぜ維持出来ないのか、すべて原因があります。

その原因を当ジムで理解し、自分で身体をつくり維持し、自分史上最高の身体に導くサポートを致します。

『“自分の身体を好きになり憧れられる自分へ”』

パーソナルジムHealth +(ヘルスプラス)の体験のご予約は公式LINEから。

下半身の改善方法、日常生活で使える栄養に関する情報がタダで得ることができますので 登録だけでも便利です。


もっと詳しく知りたいという方はHPをご覧ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次