睡眠の質を上げるには?

皆さんこんにちは!
沖縄那覇にある下半身痩せ専門パーソナルジムHealth+です。

約1ヶ月前に『睡眠不足はダイエットの敵』という記事を書きました。
今回はその続きとして、睡眠の質を上げる方法についてブログを書いていきますので
前回の記事を見てから今回の記事も読んでみて下さい!

前回の記事はこちら⇨『睡眠不足はダイエットの敵』

目次

90分前入浴

入眠する際に大切なことは、『皮膚温度を上げて熱放散を促し、『深部体温』は下げること。
ここで言う皮膚温度と深部体温に関しては、前回の記事を読んでみて下さい。

これをするのに最も有効な手段は、【入浴】です。

もちろんのこと、温かいお風呂に入ると皮膚温度、深部体温共に上昇していきます。
入浴することによって深部体温が一時的に上がることがぐっすり眠る上で非常に重要になります。

理由としては、深部体温には上がった分より大きく下がろうとする性質があるからです。

入浴で皮膚温度を上げて熱放散の準備をしつつ、深部体温も意図的に上げておくことで、
入眠時に必要な『深部体温の下降』が大きくなり熟睡につながると言うことです。

入浴により上がった深部体温が元に戻るまでに要する時間は、約『90分』。

と言うことは、寝る前90分前に入浴を済ませておけば、寝る頃には深部体温がグッと下がって皮膚温度との差も縮まり
スムーズに眠ることができる。
※皮膚温度と深部体温の差が縮まると眠くなります

ここで注意してほしいことは、入浴後すぐ眠りたい場合はお風呂につからない方がいいです。
そこのタイムマネジメントをしておかないと、逆効果になってしまう可能性もありますので。

朝食にタンパク質

睡眠に欠かせないホルモンといえばメラトニン
メラトニンが良質な睡眠につながっていくことは共通認識だと思うのですが、
このメラトニンの生成に必要なものがセロトニンであり、そのセロトニンに必要なものが
アミノ酸の1種であるトリプトファン。

朝にタンパク質を摂ることで、それに含まれるトリプトファンがセロトニンを生成し
夜眠る頃までにメラトニンを分泌し快眠につながるということ。

あまりよく眠れないと言う方は、セロトニンが不足している可能性もあるので
まずは、朝にタンパク質を摂ってみるアプローチをしてもいいかと思います。

実際に既存のお客様はこれで、睡眠の質が向上しております。
少し簡単な説明かもしれませんが、試してみましょう!!

まとめ

誰でも今すぐ睡眠の質を向上させる方法2つをサクッとご紹介していきました。
前回の記事でもそうですが、睡眠の質が悪いと免疫力低下やダイエットしにくい体になり
とても非効率になってくるので、今現段階で何やっても痩せないなどで悩んでいる場合は、
一度、自分の睡眠はどうなっているのか、確認してみるといいかもしれません。

それ以外にも、睡眠に関するアプローチ方法はありますがちょっと長くなるので
またの機会にご紹介していければと思います。

ヘルスプラス

一度、パーソナルジムHealth +(ヘルスプラス)で体験をしてみませんか?

当ジムに来て欲しいかたはこんな方です。

  • 何をしたらいいかわからない方
  • リバウンドした経験がある方
  • 美脚美尻になりたい方
  • 自分で維持できるようになりたい方
  • パーソナル通ったけど変わらなかった方

なぜ太るのか、なぜリバウンドするのか、なぜ維持出来ないのか、すべて原因があります。

その原因を当ジムで理解し、自分で身体をつくり維持し、自分史上最高の身体に導くサポートを致します。

『“自分史上最高の美脚へ”』

パーソナルジムHealth +(ヘルスプラス)の体験のご予約はこちらから。

また、下半身の改善方法、日常生活で使える栄養に関する情報がタダで得ることができますので 登録だけしておくと便利です。

LINEで体験のご予約・有益な情報を配信
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次