【絶対見て】二の腕のたるみが落ちない人はこれかもね!

みなさんこんにちは!
沖縄那覇にある下半身痩せ専門パーソナルジムHealth+です。

日々、お客様とセッションをしている中で多い悩みが、『二の腕のたるみ』。

どれだけ筋トレしても、食事制限しても落ちないんです!って方多いかと。
これシンプルに巻き肩が関係しているかもしれないです。

もし巻き肩が原因で二の腕のたるみが取れないとなると、巻き肩を改善するしか根本の解決はないはず。

というわけで、今回は二の腕のたるみについてご紹介していきたいと思います。

目次

巻き肩とは

巻き肩とはその名の通り、肩関節が内側に巻く形になっている姿勢のことです。
写真で見るとわかりやすいかと思います。

簡単なセルフチェックとしましては、鏡を横から見て肩が耳より前に行っていると
巻き肩の可能性があります。

巻き肩になると、猫背や肩こり首こり、ぽっこりお腹や下半身太りとあらゆるところに影響が出てきます。
なので、早急に改善したい箇所でもありますね。

巻き肩になる人の特徴

巻き肩になってしまう人の特徴は、

  1. スマホを長時間使う
  2. パソコンを使うことが多い
  3. 横向きに眠る人

上記の人は、巻き肩になる可能性が高いです。

巻き肩と二の腕のたるみの関連性

ここが今回の本題となるわけですが、巻き肩になると二の腕がたるみやすくなります。

巻き肩になると、腕の前の筋肉(上腕二頭筋)は縮み、反対にある上腕三頭筋は伸びる。

この姿勢がキープされることで、筋肉が動かず活性化しないのでどれだけ二の腕のエクササイズをしても
根本的に、たるみやすい姿勢になってるところを改善しない限りは、難しいということになります。

巻き肩を改善するには

巻き肩になってしまう原因はいくつもあり、よくあるパターンは

  • 上腕二頭筋の拘縮
  • 大胸筋や小胸筋の拘縮

が挙げられます。

簡単に出来る上腕二頭筋と大胸筋のストレッチをご紹介しています。

手を壁について、指先は後ろに向けます。

そこから、ゆっくり上体を回旋していき、上腕二頭筋と大胸筋をストレッチさせていきます。

これを大体15秒ずつ行っていきましょう。

まとめ

というわけで、とても簡単にご紹介していきました。

どれだけトレーニングしてもマッサージしても、二の腕のたるみが取れない!という方はもしかしたら
巻き肩になっているかもしれません。

巻き肩の状態だと二の腕がたるみやすい姿勢になってますので、改善したいなら巻き肩から直していくことをお勧めいたします。

それでは、次回の記事もお楽しみに!

ヘルスプラス

一度、パーソナルジムHealth +(ヘルスプラス)で体験をしてみませんか?

当ジムに来て欲しいかたはこんな方です。

  • 何をしたらいいかわからない方
  • リバウンドした経験がある方
  • 美脚美尻になりたい方
  • 自分で維持できるようになりたい方
  • パーソナル通ったけど変わらなかった方

なぜ太るのか、なぜリバウンドするのか、なぜ維持出来ないのか、すべて原因があります。

その原因を当ジムで理解し、自分で身体をつくり維持し、自分史上最高の身体に導くサポートを致します。

『“コンプレックスは変えられる”』

パーソナルジムHealth +(ヘルスプラス)の体験のご予約はこちらから。

また、下半身の改善方法、日常生活で使える栄養に関する情報がタダで得ることができますので 登録だけしておくと便利です。

LINEで体験のご予約・有益な情報を配信
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次