原材料、添加物表示の見方

皆さんこんにちは!Health+です。

今回は原材料と栄養成分表示の見方について書いていこうと思います!
これが分かると、皆さんが普段買い物している際に非常に役立ちますのでぜひ見ていってください!

目次

原材料の見方

まずは原材料の見方からお話ししていきますね!

原材料の特徴として一番に挙げられるものは順番ですね。
この画像で言うと小麦粉が一番使われていて次に砂糖、ショートニングと続いていきます。

この辺は有名なので知っている方が多いかと思います。

もし、健康的に過ごしていきたいのであればまずは食品を購入する際に
この原材料を確認する癖をつけてみるといいと思います。

ルールとして、
原則使用した原材料は重量順に全て記載。
アレルギー、原料原産地、遺伝子組み換えの有無
これらは記載しないといけないというルールがあります。

ただし、原材料の中には複合した材料とかもあるのでその辺は少しややこしい。
例:しょうゆ(大豆、塩、小麦)←このカッコ内のような

あとは原材料の中で同じ食品でも小麦粉や砂糖などが一番に来ないやつを優先的に選ぶのが望ましいです。
これらは三大白物(白米、小麦粉、砂糖)に入るので基本的に栄養価はないです。

なんなら血糖値を上げやすくするデメリットの方が大きいです。

例えを上げるとチョコレートがわかりやすいかと思います。
基本的にスーパーで安く売られているチョコレートの原材料はこんな感じです。

最初に必ず、砂糖が来ます。
なのでもはやこれはチョコレートではありません。笑
砂糖にチョコレートを混ぜたやつになります。

そしていいチョコレートはこんな感じです。

こんな感じでカカオマスというものが先頭に来ます。
このカカオが本物のチョコレートのメイン原材料になります。

添加物の見方

続いて添加物の見方です。

基本的に最初に原材料、次に添加物の順で記載されいます。
そしてこれらはスラッシュ(/)で区別されています。

添加物も使用重量が多い順で並べられています。

結論から言うとおすすめは添加物が少ない食品を選ぶことです。

添加物が多い=腐れにくいと言うことを表しています。
その代表例がコンビニ食品です。
コンビニ食品で食中毒がないのはこの添加物でそうならないようにコーティングしているからでもあります。

基本的に添加物は安全な範囲で使用はされているけど長期的に摂取すると発がんのリスクなどもあります。
なので基本的に食べるものは無添加物もしくは添加物が少ないものを選ぶのが好ましいです。

と言うことで今回は原材料と添加物について簡単にお話ししてきました。
次回も皆さんの日常生活に何か役立てる情報が発信できるようにしていきます!

次回の投稿をお楽しみにしてください!

ヘルスプラス

一度、パーソナルジムHealth +(ヘルスプラス)で体験をしてみませんか?

当ジムに来て欲しいかたはこんな方です。

  • 何をしたらいいかわからない方
  • リバウンドした経験がある方
  • 美脚美尻になりたい方
  • 自分で維持できるようになりたい方
  • パーソナル通ったけど変わらなかった方

なぜ太るのか、なぜリバウンドするのか、なぜ維持出来ないのか、すべて原因があります。

その原因を当ジムで理解し、自分で身体をつくり維持し、自分史上最高の身体に導くサポートを致します。

『“自分史上最高の美脚へ”』

パーソナルジムHealth +(ヘルスプラス)の体験のご予約はこちらから。

また、下半身の改善方法、日常生活で使える栄養に関する情報がタダで得ることができますので 登録だけしておくと便利です。

LINEで体験のご予約・有益な情報を配信
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次